ただ元気が出る手汗でありたい

人気記事ランキング

ホーム > > ほっこりとする映画を見ました。

ほっこりとする映画を見ました。

小学生の娘と二人で、映画「インサイド・ヘッド」を見てきました。
心がほっこりする映画でした。思春期にさしかかった女の子、ライリーが生まれ育ったミネソタからサンフランシスコに引越し、そのことで、戸惑い、家族に反発し、ミネソタに帰ろうと家でを企ててしまう。
そんなライリーの頭の中の司令塔にいる、ヨロコビ、カナシミ、ムカムカ、イカリ、ビビリなどの感情とライリーの思い出を描いたストーリーです。ヨロコビとカナシミが司令塔から迷いだしてしまい、司令塔に戻るための冒険を、ライリーの小さなときからの思い出と共に描いたストーリーです。
親目線、子供目線、どちらからも楽しめます。
大人の私にとっては、じんわりとした感動が心に広がりました。
そして見た後に心がほっこりとしました。人間の感情において、カナシミという感情は、嫌われるもの、できれば避けて通りたい感情ですが、カナシミなくして人間の感情は成り立たない。
ヨロコビもカナシミもその他の感情すべてが、大切な感情であり、人を成長させ、思い出を形作っていくのだというテーマを、ユニークな切り口で表現した映画でした。
今回は映画館で見ましたが、DVDが出たらまたじっくりと観てみたいと感じました。オリファ発酵美養液